スキー旅行には防寒と暑さ対策とUV対策も必要

室内で行う運動とは異なり、スキー旅行は真冬に屋外のゲレンデで楽しむウィンタースポーツです。

スポーツジムや屋内は、暖房完備で冬でも常に暖かいですが、真冬の屋外はそうはいきません。寒さ対策も万全の準備をする必要があるのも、スキー旅行です。防寒になる暖かい専用ウェアは必須ですし、手は機能性にも富んだ暖かいグローブで守ります。防寒アイテムは様々な種類があるので、ネックウォーマーを利用したり、イヤーウォーマーを使うのも手です。防寒対策は必要なスキー旅行ですが、滑りはじめるとだんだん暑くなってきます。

真冬で雪の中にいますが、汗もそれなりにかきますので、吸収性の良いインナーやアンダーウェア―を着用することです。下はオーバーパンツを利用するなど、防寒対策と共に運動をしてからも、暑さ対策も怠ることは出来ません。冬の陽射しはうららかで、心地が良いと感じますが、ゲレンデの晴天はそれほど甘くはないです。

一面が雪の世界であり、太陽からは紫外線が降り注いでいます。白い雪に反射をした太陽光は、考えているよりとても強力です。目元に強いまぶしさを感じますので、ゴーグルは必需品ですし、強い日差しは紫外線も強いということです。完全な防寒対策でゲレンデには出ますが、肌が全く露出をしないわけではありません。ゴーグルと共に、日差しから肌を守るサンスクリーン剤も、忘れずにスキー旅行には持参をすることです。防寒対策と暑さ対策と共に、UV対策も必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *