東京から尾瀬へのアクセス方法について

毎年ゴールデンウィークの前後になると尾瀬は山開きとなり、山小屋の営業が始まります。

長い間雪で閉ざされていた尾瀬もようやく春を迎え、多くの人々が訪れるようになります。東京からはアクセスが良いため関東エリアにお住まいの人であれば、電車やバス、マイカーなどを利用して訪れることかできます。しかし、東京からのアクセスはどのような方法が最適であるのかが分からない人も多いのではないでしょうか。マイカーの場合は、途中までしか入ることができない登山口もあります。

例えば、鳩待峠や一ノ瀬などは戸倉や大清水に車を止めて、季節運行を行っているシャトルバス便に乗り換えが必要ですし、上毛高原駅からの路線バスによっては途中で乗り換えが必要なケースもあることを把握しておくことが大切です。また、東京から新幹線を利用して上毛高原でバスに乗り換えてのアクセスは日帰りハイキングでは日程がハードになるため、山小屋泊まりのスケジュールがお勧めです。

逆に、山小屋泊まりで尾瀬に出掛けるのであれば午後2時頃から3時頃に山小屋に到着できる、遅くとも午後4時前に到着できるルートや交通手段を選ぶようにしましょう。季節に応じて暗くなる時間が異なることも視野に入れておくことも大切です。

ちなみに、夜行バスを利用することで、入山口には早朝に到着できるわけですから、日帰りで尾瀬を楽しむこともできます。夜行バスを使う場合は、アイマスクや耳栓などがあると快適なバス旅ができるので用意しておくのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *