尾瀬へ東京から行くバスツアーのコース

「夏が来れば思い出す」というフレーズから始まる歌の歌詞にも登場するミズバショウは、尾瀬へ東京から行くバスツアーを利用する人に人気の花です。

ミズバショウが見頃となるのは初夏ですが、そのあとにはニッコウキスゲ・草紅葉など、それぞれのシーズンごとに見頃となる植物が湿原をいろどります。そんな尾瀬へ東京から行くバスツアーにはいろいろな種類があり、多くの旅行会社によって開催されています。しかし、尾瀬へ東京から行くバスツアーには、早朝に都内を出発するコースや前日の深夜に都内を出発するコースが多くあります。

どちらもそれぞれメリットがあるので、利用の目的や体力に合わせて選ぶのがお勧めです。早朝に都内を出発するコースでは、その日のお昼前には登山口に到着することができます。湿原がある尾瀬に東京から行くには、登山口まではバスで行くことができますが、その先には徒歩でしか入ることができません。登山口から2時間程度歩くと湿原に到着します。現地を出発して帰路につく夕方前まで、豊かな自然の中で過ごすことができるでしょう。

また、尾瀬に東京から行く前日深夜に都内を出発するコースは、次の朝早くには登山口に到着します。日の出の時間からハイキングを始めて同じように2時間程度で湿原に着きますが、その後はさらに奥まで進み、登山道に入ることもあります。夕方前まで現地に滞在できるので、たっぷりハイキングを楽しみたい人や登山もしたい人にお勧めのコースです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *