東京から尾瀬へのアクセスに便利なのは直行便のバス

尾瀬は関東からのアクセスが便利と言われている高原ですが、アクセス方法には電車やバス、マイカーなどがありどれを選ぶのが一番良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。

マイカーの場合は直接入山口まで行くことができるのは、福島県側の御池や群馬県側の大清水です。他の入山口は途中でシャトルに乗り換えが必要になること、マイカーの弱点でもある駐車場に戻らなければならない、こうしたデメリットがあります。尾瀬をより楽しみたい時には来た道を戻るよりも、その先に進んだ方が色々な景色を楽しめる、登山へのチャレンジもできます。

電車とバスを併用するアクセス方法は乗り換えがあること、そして待ち時間が発生するなどのデメリットがありますが、電車の中でも夜行でアクセスができるのは、東京浅草からの東武スカイツリーラインがあります。夜の11時55分に浅草駅を出発すると、翌朝に尾瀬高原口駅に到着、ここからバスに乗り換えて御池および沼山峠までダイレクトアクセスができます。御池に到着するのが朝6時過ぎですから日帰りで出掛けたい人にも便利ではないでしょうか。

最も尾瀬へのアクセスに便利な方法は、東京の各主要ターミナルから直接尾瀬の玄関口に行くことができる直行便です。直行便は昼行と夜行の2タイプがあるので、日帰りの時には夜行便を使う、山小屋泊まりの時には昼行便を使うなど、スケジュールに合わせて選べるのも魅力です。東京からの直行便の場合は、他のアクセス方法のように乗り換えがないのも魅力ではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *