長野県の天竜川は人気のラフティングスポット

ラフティングとはラフトと呼ばれるいかだやゴムボートなどを使用して川下りをするウォータースポーツで、その中でも急流を下ってスリルを楽しむホワイトウォーターラフティングが人気です。

川の流れが速い事や適度な水量が在る川でないと楽しめないため、長野県の天竜川や北海道のニセコ、群馬県の利根川や京都府の保津川、富山県の黒部川などに観光客が集中しています。長野県の天竜川は国内最長級の約13キロ区間をラフティングで楽しめるため特に人気があり、日本アルプスの景色を見ながら激流下りができる有名スポットです。

天竜川下流の鷲流峡はドラマや映画のロケでも利用されている美しい場所で、人間の手が入っていないまま保存されている竹林や大岸壁などがあり、自然の渓谷美を堪能できます。13キロは長すぎるという初心者には弁天港から時又港までの約6キロを川下りするコースもあり、こちらも野生のトンビや鴨が生息する自然の宝庫です。

天竜川はJR東海飯田線の天竜峡駅から徒歩数分の交通アクセス便利な場所にあり、人気観光スポットのため名古屋駅や長野駅から専用のシャトルバスが発着しています。ウェットスーツやレンタルシューズ、ヘルメットやライフジャケット、眼鏡の人にはメガネバンド、コンタクトの人にはレンタルゴーグルを貸与してもらえるため、持ち物はタオルだけでかまいません。渓谷は都心より気温が低いので長袖の上着や、女性は日焼け止めを持参すると万全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *