移動時間を工夫しての日帰りスキー旅行

日帰り旅行は、限られた時間の中で旅行を満喫できる手段です。

しかし、旅行に時間が限られている事から、いかに有限な時間を旅行のために活かすかが重要なポイントです。スキーで一日だけのウインタースポーツを楽しむのであれば、限られた時間の中で最大限にウインタースポーツが楽しめるよう、スケジュールを立てる必要があります。スポーツを楽しむための時間が節約できる最も大きなポイントであるのが、移動のための時間です。スキーの日帰りで、時間を最も多く使うのであれば、移動のための時間を大幅に圧縮する必要があります。

一つには、高速移動による時間の短縮方法があります。飛行機は、高速で空を移動することができる移動手段です。スキー場近隣に空港があるのであれば、ごく短時間で遠くのゲレンデへと移動する事ができます。しかし、多くのスキー場で、そうした空港設備が近くにあるという条件を持ち合わせているわけではありません。そのため、地上の道路網を使って、日帰りスキー旅行の時間を有効利用する手があります。

夜行バスであれば、夜間でのゲレンデへの移動により、朝到着してすぐに滑りを楽しむことができます。確かにかつては、夜行バスは窮屈で移動が疲れるという声もありました。しかし、夜行バスは従来よりも居心地が良いものが増えています。スペースも広々としていて、快適なバスでの移動が実現します。ゲレンデがある場所の環境に応じて、日帰りの移動手段を選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *