夜行バスのメリットとは

昨今、LCCと呼ばれる格安の飛行機会社が登場したため、そちらに客足が奪われそうになっていますが、夜行バスに乗る人はそれでも多いです。

その理由は安定性です。LCCの場合、1便にトラブルが発生すると立て続けに運休するケースが見られます。また、成田空港を利用する場合、発着時間に制限があるため、なんらかのトラブルで到着できず近くの空港で降ろされることもあります。また、天候に大きく左右されます。順調に飛べば安いし早くつきますが、1つトラブルに巻き込まれれば最悪の事態まで想定しなければならない、若干運任せの部分があります。

その点、夜行バスは渋滞さえ巻き込まれなければ安定して走行してくれるので到着時間にかなり遅れるなどのことはありません。むしろ到着時間を幾分か巻いてくれることもあります。台風が近づいている時でも高速道路が通行止めにならない限り運休なんてことはないのです。それに、出発場所は大都市にある駅の近くです。飛行機に乗ってる時間と空港までにかかる時間が同じみたいなことはありません。

食事を最大限楽しみ、満腹になったところでギリギリに乗りこみ、あとは到着まで寝ているだけでいい。そういう自由さもまた利用者に受け入れられています。それに、新宿や東京だけで限れば、東北地方から九州、四国中国などへも出ているため、下手な空港より色々なところへ行けます。LCCの良さも夜行バスの良さもどちらも捨てがたいものがあり、マイナスポイントも当然あります。良さでとるかリスクでとるか、それらを踏まえつつ選ぶべきで、私は寝てる時間に移動してくれる夜行バスを基本的には利用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *