国内ツアーで土産物店を楽しむ方法

国内ツアーに参加すれば必ずと言いほど土産物店を回る時間が旅程の中にあります。

土産物店の時間を観光地での時間に充てて欲しいと多くの参加者が感じていますが、割安な料金を実現するためには必要不可欠なことです。

不可欠な時間なら楽しむ術を知っておくと良いでしょう。一味違ったツアーを楽しむ事ができるからです。土産物店には名産品が多く並んでいます。

名産品の大半は菓子やスナック類です。中には試食コーナーや試食品がおいてある場合があり味わうことができます。試食品の多くは、新しい名産品やあまり売れていない物です。

売れている商品であれば、試食品を提供する必要が無いからです。市食品を味わっていると、観光地で次に何を売り出そうとしているかが判ります。

味わった試食品が数年後には名産品となっているかもしれません。次に民芸品や名産品の脇にはパンフレットや解説用のリーフレットが置いています。

できるだけ多くのリーフレットを集めます。時間がない時は、写真や地図が載っているモノを中心に集めます。パンフレットなどには、名産品ができあがる工程や歴史なども書いています。

ツアーで回った観光地とリンクして読んでいくと楽しさが倍増します。数時間かかる旅先の案内を短時間で一度に把握することができます。

さらに土産物店の近くにスタンプラリーのスタンプが無いかも確認すると良いです。パンフレットの裏にスタンプを押せば、オリジナルの旅の思い出が一つ出来上がります。

土産物店のレシートや箸の包み紙も写真と一緒にアルバムに貼れる思い出になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *