東京から大阪に行く高速バスの停留所の違い

東京から大阪に移動をするとき、高速バスを利用するとかなり安く行けます。

バスの種類によって変わり、グレードが高いバスでも新幹線や飛行機に比べると安く利用できるかもしれません。この時、より細かい出発地や目的地を知っていると利用しやすくなるかもしれません。東京と大阪を結ぶ高速バスは、昼間に運行するものはそれなりに停留所に停車します。

停留所なのでそこで乗降ができます。必ずしもすべての行程を乗る必要はありません。まずは駅などに立ち寄るタイプです。高速道路に乗る前には主要な駅に立ち寄り、乗降処理をしてくれます。事前に予約ができるので、最初の出発地から乗らないと座れないなどはありません。

もし途中に自分が利用しやすい停留所があるなら、そこから乗ったり下りたりした方がいいでしょう。ただそれぞれの高速バスによって停留所が異なります。出発時間が1時間ぐらい違っても停車する停留所を優先した方がより移動しやすくなるかもしれません。

東京から大阪に行く便においては、高速道路上の停留所に停車するタイプもあります。パーキングエリアやサービスエリアに停留所が設置されることもありますが、高速道路上に乗降所のみが設置されているところもあります。

自宅が乗降所に近いのであればかなり便利に利用することができます。市内に停まる停留所があるとしても、自宅からそこまで時間がかかるのであれば、主要駅から乗った方が得になります。停留所との兼ね合いをよく考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *