尾瀬で日帰りハイキングは時間に余裕を

尾瀬で日帰りハイキングを考えている方は、朝11時ころに鳩待峠に到着して標高1600mのスタート地点からハイキングを開始することになります。

鳩待峠からビジターセンターのあるハイキング分岐点山の鼻まで1時間程度で着くことができます。2本の木道が整備されていますので初心者の方も安心して歩くことができます。他の方の迷惑にならないように右側通行で歩き、登山者がすれ違えるようにします。木道からは絶対にコースをはずれないようマナーを守りましょう。尾瀬が原で散策を終えて帰路につくには、山ノ鼻から鳩待峠に集合時間に合わせて歩くことが必要です。ここで注意が必要なのが時間です。上り坂になりますから90分はかかると時間配分をして山ノ鼻を出る必要があります。

散策で足の疲れが出てきているのに上り坂は結構厳しいものがあります。転倒などしないようにしっかりと足元に注意しながら帰ることが大切です。尾瀬ヶ原コースの日帰りプランは、鳩待峠を起点とするコースが一番人気があります。帰りの鳩待峠までがかなり疲れますので、日帰りで強行スケジュールを組むと大変です。JR沼田駅までの間には日帰りで温泉を楽しめる場所がありますので帰りに休んでいくような余裕を持ったプランをたてることが大事です。尾瀬は日帰りで十分楽しめますが、季節によっては非常に混雑しますのでできるだけ歩くのは余裕をもって、のんびりとハイキングを楽しめるようなスケジュールを立てるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *