尾瀬ハイキングを楽しむために必要な持ち物

尾瀬ハイキングに行くことになったけれども、何を持っていけばよいのかと心配になる人も多いことでしょう。

絶対に必要なものやもっていくと便利なものなどをよく考えて準備する必要があります。しかし尾瀬のハイキングだから特別に必要なものは特にありません。必要なものは多くの場合、休憩所や山小屋で販売されているので、自分が運ぶことを考えて無理のないようにしましょう。シーズン中に日帰り尾瀬でハイキングを楽しむのであれば、容量10リットルから20リットルほどのデイパックで十分です。

もしも山小屋に一泊するのであれば着替えなどが増えるので30リットル程度がおすすめと言えます。山用のザックは頑丈なつくりでレインカバーやウエアやタオルを挟む紐などが付いているなど機能的な面がありますが、シーズン中の尾瀬であれば山用である必要は全くなく、普段使いのものやファッショナブルなものでも十分です。季節や天候によっても異なりますが、一般的には1日5時間から8時間程度のハイキングで、1リットルほどの飲み物が必要だと言われています。

しかし1キロもの飲み物を持ち歩くのはなかなか大変なので、歩きはじめるときにペットボトルを1本持ち、休憩所などで購入した方が楽と言えます。尾瀬には湧き水なども要所に存在するため、飲み水として補給しても問題はありません。山小屋や売店などで販売されているペットボトルは500ミリで500円ほどと割高になっていますが、トラックで物資を運ぶことができないため奥へ入るほど高くなるのは当然と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *