東海地方からのスキーツアー

全国の旅行代理店では冬が近くなるとスキーツアーのポスターが店頭に掲示され、いっせいに募集がはじまりますが、これは東海地方にあるそれぞれの店舗でも同様のことです。

こうしたパッケージツアーの行き先はいろいろですが、東海地方の場合は眼前に日本アルプスの山並みが迫っているという地の利がありますので、場合によっては日帰りの日程を組んでいるものまでも含めて、数多くの企画がみられます。

具体的には恵那山や白馬岳などは定番といえ、これらの地域のスキー場には観光バスなどを仕立てて向かいます。宿泊を付けている場合には、スキー場の近くにあるリゾートホテルや温泉旅館などが選ばれることが多く、その場合は露天風呂や内湯の大浴場なども設備として館内にありますので、単にウインタースポーツを楽しむ目的だけではなく、半分ほどは湯治を目当てに訪れても間違いではありません。

また最近では現地でスキー用品をレンタルできたり、リフト券が付いていて現地購入が不要だったりする特典を持つものも存在しています。東海地方からのスキーツアーは、かならずしも近県に向かうプランだけではなく、たとえば北海道や東北地方などの遠隔地を目的地としているものもあります。

この場合はさすがに観光バスで向かうのには距離がありすぎますので、通常は飛行機を利用したツアーとなっています。東北地方には中部国際空港や名古屋空港などもあって、ちょうど飛行機で移動するのにも好都合です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *