白馬に2泊3日でスノボに行くメリットとデメリット

白馬に2泊3日でスノボに行くと、時間があるのでナイターも可能、温泉付きの宿もある、ご飯が美味しいなどがメリットです。

白馬のスキー場にもよりますが、場所によってはナイターで滑れる所もあります。夜間のライトで照らされたゲレンデをスノボで滑り降りるのは、昼間とは変わった味わいがあると想定されます。ただ、昼間にも滑っていた時は、体力が減少しているはずなので、楽しむのは1時間程度にしておいたほうが無難です。疲れを感じた時は、宿泊施設に戻ってのんびり過ごすと良いです。

白馬の宿泊施設の中には、温泉付きの場合もあるため、温泉に入ればスノボで疲れた体を癒すことができます。お風呂場の外の景色は、冬にしか見ることができない美しい景色なため、しっかりと見ておきましょう。また、夕飯の料理は山の幸や海の幸が盛り沢山なので、舌鼓を打つことができるはずです。新鮮な野菜は、沢山食べておくと疲労回復につながります。

デメリットは白馬へ移動する最中のバスの中は酔いやすい、雪を見ていると目が疲れるなどです。雪山へ通じている道は、急カーブをしていたり道が悪いこともあるので、お客の中には酔う人も出てきます。
出発前に酔い止め薬を摂取しておけば対策に効果的です。あるいは、バスに乗った直後に眠ってしまえば、酔わずに目的地に到着可能です。また、雪を見ていると目が疲れるのは自然の流れと言えます。ゴーグルを装着していれば、目の疲れを感じずに済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *