アクセス便利な関東のスキー場

スキーといえば長年愛されているウインタースポーツの代表格で、関東でも子供から高齢者まで長く続けられる趣味としている人を多く見受けます。

関東地区のスキー場は30以上存在していて、アクセスが便利なところが多いためファミリーゲレンデでは小さな子を連れた家族連れでいっぱいです。カービングスキーといって板が自分の身長よりも低く曲がりやすい種類のものが関東では主流になっていて、デザインが豊富にあるのが特徴です。

冬場は何かとインドアで行動する場合が多いですが、スキーには大自然を滑り降りる爽快感と滑り終えた後の達成感を味わうことができる醍醐味があります。バランス感覚や足腰を鍛える効果だけでなく、有酸素運動を自然に行うことができます。全身を動かすことになるためダイエットにも効果的で、冬の運動不足を解消するのに最適なレジャーです。

スノーブーツを履いて板に足を乗せるだけでも結構な運動になり、雪の上をうまく滑るようにするため体中の筋肉が自然に鍛えられていきます。斜面の角度や関東のゲレンデの雪質にもよりますがアスファルトに立っているよりも確実に不安定な体制になるため、バランス感覚が向上します。こうしてみるとスキーもスポーツの一種であると実感でき、甘く見ているとケガにつながる場合があります。

昔は上級者コースで滑っていたからといってゲレンデについた途端滑りださずに、ブランクがある場合は準備体操を丁寧に行い最初は無理なく滑ることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *